Windows 7 の多言語設定方法

情報教育システムの Windows 7 端末では、地域と言語の設定を個人設定として設定・保存する ことができます。 これにより Windows や多言語対応アプリケーションのメニュー項目などを、自分の好みの言語 で表示することが可能です。 この設定はシステムに保存されるため、次回のログイン時にも同じ言語設定で端末を使うことが できます。

地域と言語の設定を変更するには、一度システムにログイン後、デスクトップの「Region and Language」アイコンをダブルクリックし「地域と言語」コントロールパネルを起動します。

icon.jpg

このコントロールパネルで多くの設定を行う事ができますが、ここでは Windows やアプリケー ションのダイアログを変更する方法を説明します。 今開いた「地域と言語」ダイアログ中の「キーボードと言語」タブを開き、「表示言語」を変更 します。

dialog1.jpg

「適用」を押すと、ログオフが促されます。ここでログオフし、再度ログインすると、Windows のメニュー項目等が変わっていることが確認できます。

dialog2.jpg

言語設定を変更すると、Windows標準のアプリケーションや多言語対応のアプリケーションで使 用される言語も自動的に変わります。 またMicrosoft Office (2010)では、以下の言語に対応しています。(その他の言語設定の場合 は日本語のメニューとなります。)

  • 英語(English)

添付ファイル: filedialog2.jpg 377件 [詳細] filedialog1.jpg 394件 [詳細] fileicon.jpg 372件 [詳細]

Last-modified: 2015-01-09 (金) 14:56:11 (1048d)